そうです、私がスギヤマです。

農的暮らしを追っかけてます。農業日誌やら、地域イベントやらを紹介、たまに自己啓発しだします。

「ネギの苗を畑に直置きする。」

 

こんにちは、スギヤマです。

今日も作業メモを。

 

f:id:naokinoki777:20190401072418j:plain

 

今日は、「ネギの苗を畑に直置きする」

ということをやってみました。

 

センパイ農家の丸山さんからの

アドバイスなのですが、やってみました。

 

 

 

ぼくらはまだまだ「育苗」がへたくそで、

なかなか上手に育苗ができません。

 

f:id:naokinoki777:20190401073422j:plain

「苗半作。」

 

今回も一本ネギを育ててみているのですが、

・まずあまり発芽が良くない

f:id:naokinoki777:20190401072646j:plain

まばらな発芽。

そして

・黄色くなってくる。

f:id:naokinoki777:20190401072749j:plain

枯れてきてますね

・発芽不良に関しては、おそらく覆土が少なく、

 乾燥させてしまったことが原因だと思っています。

 

今回は、

・苗が黄色くなってくる

のお話です。

 

これは割とぼくらの育苗時のひとつのパターンだったりするのですが、

発芽までスムーズにいっても、

後半に苗が枯れてきます。

 

おそらく肥切れや根詰まり、暑熱ストレス

あたりが考えられるのですが、

どうしもここをクリアできません。

 

初期成長があまり良好でない

育苗期間が長くなる

肥切れ、根詰まり起きてくる

 

というパターンが多いです。

かといって、生育を窒素に頼ると、

軟弱苗にもなってしまうので、

あまり栄養でぼいたくもありません。

 

 

、ということで

今回は「えいや!」で、

畑に直接置いてしまいました。

 

畑に上手に根張りされれば、

先ほどの、「肥切れ」と「根詰まり」が解決されます。

 

問題は、「水やりちょっとめんどくさい」ということと、

「強風」「ちゃんと活着するだろうか」というところですね。

 

うまくいってくれることを願います。

 

とりあえずしばらくは慎重に観察してみようと思います。

 

 

*今日の畑のようす

 

f:id:naokinoki777:20190401073747j:plain

ジャガイモの芽が少しずつ出てきました。

今シーズンはまさかの「シャドークイーンのみ」の作付け。

f:id:naokinoki777:20190401073925j:plain

出展:「従者ヨシコの」料理、食べものブログ https://food-cooking.jyuusya-yoshiko.com/shadokui/

こんな紫色のジャガイモですね。

去年、評判も良かったので勝負に出ております。

 

「差別化」という魔物にすっかり惑わされております。

迷走中のスギヤマです。

 

さてさてどうなりますことやら。

楽しみです。

 

では!スギヤマでした。

 

 

◎とるたべる

http://toru-taberu.hatenablog.com/

「やってみないとわからない、という敵。」

 

こんにちは。

 

「素性を明かしましょう」

が最近のコンセプトです。スギヤマです。

note.mu

 

今日の作業のシェアを。

心の葛藤を書きました。

 

・ソラマメの誘引

f:id:naokinoki777:20190330212535j:plain

 

今日はソラマメの誘引をやってみました。

 

センパイ農家の丸山さんはソラマメを誘引しません。

丸山さんは、「いかに品目ごとの手数を減らすか」を大切にする人で、

「やらなくていいこと」を、絶妙に見極めます。

経営者にめちゃめちゃ大切な考え方ですね。

 

初心者はとにかく、

センパイのやり方を徹底的にマネする、

というのが鉄則なのですが、

今回は、ついその掟をやぶってしまいました。

 

ぼくの住む、愛知県知多半島の先端、南知多町という場所では、

海沿い、ということもあり春風がとても強く吹きます。

 

なので、ソラマメは誘引しないと、風にあおられてしまい、

思うように生育していきません。

 

なぜ丸山さんは誘引をしないのか…。

その答えはもうしばらく先にしか分からなさそうです。

(教えず、結果で伝えるタイプの人です。)

 

農業は、とにかく1シーズンに1回しか失敗ができません。

今回の失敗を活かすには、来年まで待たなくちゃいけないのです。

 

なので、とにかく前のめりで失敗しにいかなくては、

どんどんいろんなことが先延ばしに。

 

今回も、「ソラマメはやめときなさいよ」と数件の農家さんに言われましたが、

その真意を確かめるべく、挑戦してみております。

 

きっと数カ月後には「なるほどな」になっていると思います。

 

この、「やってみないとわからない」ってのが

スタートアップの人間としてはどうしていいかわからない心の持ちようですよね。

難しいです。やらなくていいこと、ってあるしなあ。

 

今日は早速、たくさんのアブラムシさんたちが。

f:id:naokinoki777:20190330213401j:plain

気持ちのいい写真ではないので、わざとちょっと分かりにくく。

いらっしゃいませー

 

こういうところもソラマメの難しいところですね。

 

ぼくの見立てでは、マメ科は自分で窒素固定していくので、

後半、窒素優勢の育成になってしまい、繊維が弱い成長点に

アブラムシが、寄ってくる、という見積もりです。

 

本当はその他の微量要素なども追肥してあげるといいんだろうなあ。

 

けど、そこも丸山さんをマネすると、追肥は避けたい。

(丸山さんは追肥しないひと)

 

いろんな方法を考えます。

 

とにかく、「誘引」は、あまりの風の強さにびびったぼく、

もうちょっと言うと、

「意外と上手につくれているソラマメをムダにしたくない」

というスケベゴコロがそうさせています。

こういうのって、だいたい余分なことだったりしますよね。

 

なので、実験として、3列あるうちの1列は誘引せずにしてみました。

さて、どうなることやら。

 

失敗は1年に1回しかできません。

どんな失敗の仕方をするかが、最初とても大切。

 

丁寧に見守りたいと思います。

 

うまいんだよなあ、とれたてソラマメ。

ぜひ食べたい、食べてもらいたい。

 

今後に期待です。

 

今日も最後までありがとうございました。

センパイの選択と日々格闘です。

スギヤマでした。

 

◎とるたべる

http://toru-taberu.hatenablog.com/

「自己紹介しておきます。」

 

こんにちは、スギヤマです。

 

ちょっとnoteで「素性を明かすことが大切!」

という話をしてしまったので。

note.mu

 

自己紹介しておきます。

 

1988生まれ。

愛知県で生まれてます。

 

ずっと地元で育ち、大学は北海道へ。

畜産を中心に学びました。

 

卒業後は地元へもどり、

農業関係の組織へ就職。

牛が食べるエサを営業したりしてました。

 

4年で退職して、

相棒さんと、全国各地を周る旅に。

 

※参考(過去記事)

n-style.hateblo.jp

 

あ、なんだかこの記事でだいたい、激動期は過ぎてますね。笑

 

その後の記事がこちら。

 

 

n-style.hateblo.jp

 

このあたりから、だいたい消息不明になってます。笑

 

上記の研修先である、萬秀フルーツさん(現:ちたフルーツビレッジ)での研修期間を終え、南知多町に移り住みました。

 

同じころのタイミングで、大学時代から8年くらい付き合った彼女さん(ちーちゃん)と結婚をさせてもらってます。

 

わりと大掛かりなサプライズプロポーズをさせてもらって、

とても幸せなきもちになりました。

またいつかゆっくり語ります。笑

みんな、ありがとう、ほんとに。

 

f:id:naokinoki777:20190329224523j:plain

 

2018.4月にはこっそり、大阪で結婚式もさせてもらいました。

f:id:naokinoki777:20190329224717j:plain

結婚式は親族だけで。@大阪城

今は丸山農園さんという南知多の農家さんのところで、

バイト兼、研修をさせてもらいつつ、

自分の農園(とるたべる)をこつこつとつくっている途中です。

 

また、2018年の8月頃には、福井県からいとこの「しょーくん」が

ぼくらの家に移住(居候。笑)してきてくれて、

今は一緒に住んでいます。シェアハウス。

 

また、2019年2月には待望の男の子が誕生してます。

f:id:naokinoki777:20190329225142j:plain

"あったけーやつ"になってもらいたくて日那太(ひなた)という名前にしました。

 

ちょっとこのあたりで、ぼくらのことを知る人は、

「え?え?」

「ちょ、ま。」

「展開はやくない?」

となると思います。

 

正直、ぼくの中でも展開が早すぎて、

追いつけず、

ようやく今、報告ができている次第です。笑

 

報告遅れましたこと、ここにお詫び申し上げますm(_ _)m。

 

そんなこんなで、

今はとにかく、

 

「生きていくのに必死!!!」状態です。

 

家族が増え、新しい生活がはじまり、

自分の事業もスタートさせています。

 

スタートアップの苦労やら、生活の激変で、

なんとか、1日、1日、必死に食らいついております。

 

なんとか平成が終わる前に、こうして文字に起こせて良かったです。

 

次なるステップは、

 

「とにかく畑をまわして、

 良い野菜をつくるぞっ!」

 

です。

 

ここも思いを語りだすとやたら長くなるので、

ゆっくり、ゆっくり。

 

また会いましょう!スギヤマでした!

 

@とるたべる

http://toru-taberu.hatenablog.com/

「畑にあそびにきませんか?」

 

みなさん、こんにちは。

とるたべるのスギヤマです。

 

とるたべるの農園見学をお受けしようと思います。

 

f:id:naokinoki777:20180914075227j:plain

 

新規就農した若手農家のお話や、

畑のお話、畑ですごす時間、

おやさいの試食・販売

土いじり

 

など、なかなかふだんできない体験をしてもらおうかな、と。

 

 

 

もともとぼくが農業をこころざした理由は、

「畑の魅力をもっとつたえたい」

 

ということ。

 

 

じかにさわる、土や植物、虫たちは、インターネットでの情報や、スーパーのお野菜の何万倍ものチカラを持っています。

 

 

この21世紀の情報社会にうまれそだっているぼくら。

こういった「ナマ」「肌で感じる情報」って

ほとんどうけとる機会がありません。

 

 

どうしても、「誰かが与えた情報を受け取る」ということが

メインになりがちなわたしたちのふだんの生活。

 

 

畑は、自分で情報を発信しませんが、

何万もの知識をぼくらにあたえるチカラがあります。

 

 

それは、教えてもらうのではなく、

ぼくらが直接「感じる」ということで

うけとることができます。

 

昔はこういったことが「あたりまえ」だったのでしょうが、

ぼくらの世代は意識的にこういう「場所」

自分ででかけていかないと受け取ることができなくなっています。

 

それだけのチカラを畑は持っている、と

ぼくは信じていますし、自分でかんじています。

 

 

こういった経験は、

信じられないほど、人生を豊かにしてくれます。

 

 

土壌は、たくさんの微生物で豊かなほうが、

おやさいはすくすく育ちます。

 

ぼくらもそれと一緒で、

 

心が豊かであればあるほど、

人生はステキになっていきます。

 

それは、どれだけたくさんの「経験をしたか」

とても大切だと思っています。

 

 

畑にはそれがありますし、

ぜひ経験すべきものだと思います。

 

こういった機会を提供することが、

ぼく自身の夢でもありました。

 

少しずつ、草刈りも進み、

お客さんをまねいても大丈夫かな、と

思えるような畑になってきました。笑

 

 

畑ですごす時間、

きっとあなたの人生を豊かにしてくれると思います。

 

ぜひとるたべるの畑に遊びに来てみてください。

 

 

◆◆◆

 

 

<とるたべるの農園見学>

 

内容:

・畑のお話、新米農家のお話

・畑の見学

・おやさいの試食

・おやさいの販売

 

場所:

・愛知県、知多半島の先端、南知多町の「山海」という場所になります。

詳細はお申し込み後に連絡させていただきます。

知多半島道路「古布」ICで降りてすぐです。

 

持ちもの:

・お飲みもの

・レジャーシート、イスなど

・帽子、タオル、上着など体温調節できるもの

・長靴、運動靴など汚れても良い服装、着替えなど

 

料金:

おひとりさま1000円となります。

※中学生以下の方は、保護者の方同伴いただける場合は無料となります。

 

※オプション

・収穫体験はおひとりさま1000円。(おやさい5品目ほど)

 

お問い合わせ、お申込み

 

以下のメールアドレスにご連絡ください。

n.style4biz.jp@gmail.com

 

事前にこちらのアンケートにご記入いただけると、

よりスムーズなご案内をさせていだけますので

ぜひご協力ください。

 

 

とるたべる、農園見学のお申込み

 

 

それでは、畑にてお待ちしております。

 

スギヤマ

お吸いもの。

ほっ、とひといき。

 

f:id:naokinoki777:20171030230515j:plain

 

夜おそく。

 

ひとり喫茶店から帰ってきたら、

ちひろさんが、お吸いものをつくってくれていました。

 

夜ごはんはいらない、と

言ってあったのですが。

 

ありがたい。

 

 

あたためて、食べました。

 

 

ほっ。

 

 

うん、これこれ。

 

 

ひとりでたべるごはんって、

どうしても雑になりがち。

 

 

今日のお昼も、

レトルトに生たまごを落としただけで

済ませてしまいました。

 

 

今日は1日、雑な日。

雑に過ごしてしまいました。

 

そんな日は、

大切な人にも、

雑に当たりガチ。

 

 

丁寧につくってあったお吸いもの。

 

 

ほっ、とする時間。

 

心地よさと感謝。

 

ゴーマンになっていた自分に

少し反省をしながら

幸せを噛みしめるのでした。

 

 

ごちそうさまでしたm(_ _)m

 

 

 

こんにちは。

夜型になりつつあるスギヤマですm(_ _)m

 

今日は高城剛さんのメルマガQ&Aより。

おもしろい部分があったのでシェアです。

 

特にこのひとことがおもしろい。

 

これが、「過去」にはできない、僕が「未来」を愛する理由です。
「いま」を作っているのは、過去ではなく、実は未来なんですよ!

 

「未来を愛する」って表現、すごくおもしろい視点。

そして、「未来がいまをつくる」という発想。

 

おもしろいです。

 

 

以下抜粋記事です。

 

***

 

▽Q.9▼▽
高城未来ラジオ、いつも刺激ありがとうございます!
未来からみた今の捉え方をもう少し話して頂きたいです。
過去の私が今の私を作ってきたという思考や今の私が未来を作る思考に浸ってき
ましたので、衝撃でした。
時間を未来からみるとは、どんなことなのか、分からないです。

【 A 】
時間とは過去から未来に流れているように思いますが、僕は平行して存在してい
ように感じています。
横軸に流れるのが、誰もが知る時間だとすると、実は縦軸にも別の時間が流れ
それが組み合わさっているのが「いま」だと考えています。
近隣環境がご自身に影響を及ぼすのは間違いないのと同じ、実は「隣にある未
来」が、「いま」に影響を及ぼしているはずです(当然、「隣にある過去
も」)。
その「隣にある未来」は、量子力学的にはあらゆる選択があり、イメージや意識
することで、選ぶことが可能なんです。
これが、「過去」にはできない、僕が「未来」を愛する理由です。
「いま」を作っているのは、過去ではなく、実は未来なんですよ!

 

***

 

抜粋以上

 

 

量子力学的に、未来は選ぶことが可能”

 

という文言はいまいち意味が分かっていませんが、

この、「未来から今が決まる」という考え方。

新しいな、と思いまして。

 

ポジティブですよね。

 

なんか、

「今までの自分の行いが、

 今の自分を作っている」

的なものはよく聞きます。

 

 

し、

自分もそう思っています。

 

でも、「未来は選択可能」という考え方は、

「いま」の行動をポジティブに変換してくれます。

 

いまがダメでも、

よりよい「隣の未来」を手に入れる。

 

そのためなら、

「ダメな今」は置いていける。

 

なんだか「イマココ」よりも好きな発想です。

 

「未来を愛する」という発想、

つかってみると未来がステキになるんじゃないか、と。

そう思った次第です。

 

 

より良い未来を選択し、

より良い今を手に入れましょう。

 

スギヤマでした!

 

 

◎農業体験の”とるたべる”もよろしくお願いします!

 

Facebook

https://www.facebook.com/toru.taberu/

*ブログ

http://toru-taberu.hatenablog.com/

LINE@

http://line.me/ti/p/%40tdt0823x

Instagram

https://www.instagram.com/toru_taberu/

「ごちゃごちゃ言わずに手を動かす。」

 

こんにちは、スギヤマです。

 

最近手に入れました、

新しい概念。

 

「落ち着く」

 

ということ。

 

f:id:naokinoki777:20170910061051j:plain

「まぁ、一旦落ち着こうや。」

 

 

今まで、ことあるごとにパニックになってきた自分。

 

現場対応力の弱いこと。

すぐにバタバタします。

 

頭の中はいつもぐちゃぐちゃで

常に交通渋滞、パンク状態です。

 

そうなると決まって起こるのは、

 

 

「わけわからんことする」

 

もしくは

 

「何にもできない」

 

のどちらか。

どちらにせよ、全く良いこと無しです。

頭ぐちゃぐちゃ…。

 

 

そして、すぐに気負う。

自分にプレッシャーをかけるわけですね。

 

「こんなではダメだ」

「もっとやれる」

「頑張れ」

 

そうなると、

やっぱり起こるのは、

 

 

頭の交通渋滞、パンク状態。

 

 

そんな時は決まって、

 

「わけわからんことする」

「何もできない」

 

 

そして自己嫌悪。

また、気負う。

 

 

完全にパニクってます。

何も進まない。

ただ自分の中だけでの焦燥感。

 

何にも進まない上に、

ただ時間が過ぎ、自己嫌悪に。

 

 

そんな時に来た

「落ち着く」

という考え方。

 

f:id:naokinoki777:20170910061536j:plain

「まぁ、ボチボチいこうや」

 

今までは、

「こんなツラい世の中」や、

「なかなかしんどい現実」に、

 

常に、

 

「あーでもない」

「こーでもない」

 

と頭を悩ませるのみで、

全然行動に移せずにいました。

 

f:id:naokinoki777:20170910062954j:plain

 

また、多くの先輩たちが言うことも、

すべて「根性論」として受け取っていたんですね。

 

「気合と根性で乗り切れ」

「ごちゃごちゃ言わずにやれ」

 

今までは自分の根性がそこに付いていかず、

やっぱり自己嫌悪でした。

 

ですがこの「落ち着く理論」でいくと、

これは根性論なのではなくて、

 

「いや、世の中、そういうものだから」

 

という落ち着き。

 

根性ではなく、現実。

やるしかないもの。

当たり前。

 

根性とかじゃなくて、当たり前。

落ち着いて、現実を言っているだけ。

 

 

これ、自分の中では

 

「頑張る!」っていう考え方から、

「そうある」という考え方に変わったわけです。

 

 

気持ちの持ち方、ってよりも、

「自分自身のあり方」みたいな、

もっともっと、現実的なものになりました。

 

 

世の中のツラさや、

現実の大変さに、

 

常にパニクってきた自分ですが、

そもそも「世の中ってそういうもの」

という考え方で、

 

「いかに落ち着いて、

 "当たり前のこと"ととらえるか」

 

「いかにそれを実行するのか」

 

つまり

 

「ごちゃごちゃ言ってないで

 手を動かせ」

 

という状況。

 

これを取り入れてからかなり調子が良いです。

 

いかに「落ち着く」か。

 

 

そしてガチャガチャやってないで、

いかに手を動かすか。

 

 

これ、今後の自分にとっても、

すごく大切な考え方。

 

 

絶対にまた、気負って、

「こんなんじゃダメだ!」

「頑張らなくっちゃ!」

 

な日々がやってくるのだから。

 

その中でいかにして、

 

「ごちゃごちゃ言わずに

 手を動かす」

ことができるのか。

 

そこを大切にしていきたいと思います。

 

 

ありがとうございました。

スギヤマでしたm(_ _)m

 

 

 

農食体験"とるたべる"もよろしくですm(_ _)m!

 

【農と食。体験するなら、"とるたべる"。】

Facebook

https://www.facebook.com/toru.taberu/

*ブログ

http://toru-taberu.hatenablog.com/

LINE@

http://line.me/ti/p/%40tdt0823x

Instagram

https://www.instagram.com/toru_taberu/