読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうです、私がスギヤマです。

農的暮らしを追っかけてます。農業日誌やら、地域イベントやらを紹介、たまに自己啓発しだします。

『共感』と『参加』、なるほどなあ。「食べる通信 車座キャラバン in 岐阜!」その2

「農」 「食」

 

スギヤマです(*^^*)

 

前回の続きです。

 

n-style.hateblo.jp

 

ホントに、感動した、というか

うん、魂が震えた、という感覚でした。

 

自分も常々考えていたことで、

 

「絶対に消費者の人たちは農の現場、現状を知った方がいいし、

 実際に畑に足を運んで、農家さんと話をした方がいい!」

 

と。

 

でもやっぱりそれは

「理想」だし、

 

ただの「想い」

 

、で終わっていた自分でしたが、

現に高橋さんはこのような中で

 

「食べる通信」

という具体的手段を考え、実行し、浸透させた。

 

すごい。

可能性はあるんだ!できるんだ!

 

と。

 

また、やっぱり

「こんな考え方をしていていも良いんだ!」

 

と思うことができました。

 

f:id:naokinoki777:20161203065218j:plain

 

自分の思いを語っても、結局は毎回、

 

「そりゃそうだけどね…」

「そうは言ってもね…」

「言うこと、考えてることは立派だよね」

 

で終わってしまっていました。

 

具体的アプローチが見つからなかった、できなかった。

 

 

そんな中での今回の出会いだったので、

とても嬉しかったわけです。

 

特に気持ちの良かったエピソードが、

「消費者の、『共感』と『参加』」

というお話。

 

消費者さん自身が、もう壮大な

「食のストーリー」

の中に取り込まれてしまって、

 

消費するだけではなく、

自分自身も「登場人物」になってしまうわけですね。

 

もう!もうっ!

 

消費社会に生きてると、つい忘れてしまいがちになるのがこれ。

 

「自分が、ストーリーの登場人物であること」

 

誰かのために生き、

誰かのために日々生活している感覚。

 

なかなか「生きている実感」がわかない日々。

 

そこをうまく、

「登場人物」にしてあげる。

 

素晴らしいエピソードの1つだな、と。

 

 

自分自身も、

 

「生きている実感」だった、り

「生きる理由」、「生きる喜び」

 

のようなものを

「畑から」教えてもらったので、

すごくこの話は共感しました。

 

これを共感で終わらせず、

自分の活動に活かしていきたいと思います!

 

 

著書も出しているようですね。

自分も購入しようとしましたがまさかの「在庫切れ」^^;

 

また読んだらシェアします!

 

 

都市と地方をかきまぜる 「食べる通信」の奇跡 (光文社新書)

都市と地方をかきまぜる 「食べる通信」の奇跡 (光文社新書)

 

 

 

だから、ぼくは農家をスターにする 「食べる通信」の挑戦

だから、ぼくは農家をスターにする 「食べる通信」の挑戦

 

 

 

食べる通信もぜひ!

taberu.me

 

自分も実際に「東北食べる通信」の購読をスタートしてみました。

勉強します。

 

それでは!長い文章、お付き合いありがとうございました( ̄^ ̄)ゞ

スギヤマでした!

 

◎杉山直生

Facebook

https://www.facebook.com/naoki.sugiyama.718

 

◎とるたべる

 

Facebook

https://www.facebook.com/toru.taberu/

*ブログ

http://toru-taberu.hatenablog.com/

LINE@

http://line.me/ti/p/%40tdt0823x

Twitter

https://twitter.com/torutaberu

Instagram

https://www.instagram.com/toru_taberu/

 

 

過去記事

 

 

n-style.hateblo.jp

 

 

n-style.hateblo.jp