読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうです、私がスギヤマです。

農的暮らしを追っかけてます。農業日誌やら、地域イベントやらを紹介、たまに自己啓発しだします。

「伸び続ける兄。追う弟。」

 

こんにちは。

スギヤマです。

 

 

今日は私の愛すべき兄の1人、

「大明(ひろあき)」を紹介させてください。

 

f:id:naokinoki777:20160911075442j:plain

 

 

兄が何やらおもしろいことを始めましたよ。

camp-fire.jp

 

こどもってのは、なぜかいつの時代も、

「絵を描く」ってのが好きな子が多い。

 

我がスギヤマ家は男の3人兄弟。

ぼくはその三男坊として、兄二人をずっと見てきたのですが、

 

まあとにかく絵を描くのが好きな三兄弟で。

 

兄二人共とてもイラストが上手。

ぼくも真似してよくマンガやイラスト書いてたのを覚えています。

(部屋片付けてるとたまに、

 めっちゃ恥ずかしい自作マンガ出てくるやつです。笑)

 

 

 

で、今回みなさんに紹介したいのが杉山三兄弟の「次男」、

「大明(ひろあき)」なんですが、

 

 

まあホントに、この

「絵を描くのが好き」だった子どもが、

大人になっても、「まだ書いっちゃってる人」なんです。

 

 

もう、30歳も超えているのですが、

ホントに子供の頃からずっと書き続けてます。

 

 

ただ、やたら表現の強い絵を書きます。

f:id:naokinoki777:20160911072626j:plain

f:id:naokinoki777:20160911072630j:plain

f:id:naokinoki777:20160911072634j:plain

 

 

 

ね?

 

 

もう、血が繋がっているとは思えないほど、

ちょっとアタマ一つ抜けた表現力。

 

 

この兄、本当に尊敬していまして。

 

 

いや、ぼくら三兄弟は割りと似ているところがあるのですが、

まあ「飽き性」なこと。

 

なかなか「長くやり続ける」ということはできません。

 

しかし、ホントにこのヒロアキは、

ずっと書き続けること書き続けること。

 

 

スゴいです。

 

 

で、やっぱり長く活動しているからこそ、

意外と経歴もすごいものを持っています。

 

 

・中京テレビに出演したり、

・県の活性化事業で商店街にウォールペイントをしたり、

・中学校に特別講演で呼ばれたり、

・東京美術館の展示会で新人賞とったり、

・「名古屋クリエイターズマーケット」で招待作家として招待されたり、

 

 

「さすが我が兄」。

あっぱれでございます。

 

「ちょっと経歴まとめてよ。」

とお願いしたら、出てくる出てくる。

 

f:id:naokinoki777:20160911073439j:plain

f:id:naokinoki777:20160911073443j:plain

f:id:naokinoki777:20160911073450j:plain

f:id:naokinoki777:20160911073453j:plain

 

※詳細はこちらのページに載っています。

me - 大明◎ - 16akiEN + (クリエイトする人「杉山大明」の、展示会・イベント出演・その他の情報)

 

 

「夢を追いかけ続ける兄ちゃん」として

ずっと背中を見てきました。

 

自分もずっと「やりたいことやる!」と思った時に、

散々会社の人たちや周りの人達には

 

「やめておけ」「無理だ」

「そんなに甘くない」「食っていけない」

 

と言われ、何度も心が折れたものですが、

常に心の底にあったのは、

 

「いや、兄ちゃん普通にメシ食ってるしな。」

 

でした。

 

この人が前を歩き続けてくれたおかげで、

ぼくも今夢を追いかけることを諦めずにいられています。

 

f:id:naokinoki777:20160911080051j:plain

(あ、ちなみに左がヒロアキ。ぼくが右です。よく似てます。)

 

 

そんな兄が、いよいよ面白い取り組みを。

 

camp-fire.jp

 

「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」とは、

今や知名度も増し、知っている人は増えてきていますが、

 

今流行のクラウドファンディング」の先駆け的サービスですね。

このCAMPFIREが新しい取り組みとして、

 

「ファンクラブ」というものを始めました。

mag.camp-fire.jp

 

 

ホントに簡単に言ってしまえば、

 

「みんなでお金出し合って、

 自分たちの好きな活動を支えていきましょう」

 

というサービスですね。

 

まだまだ日本では受け入れられづらい概念で、

 

「購入する」ではなくて、

「応援する」という意味合いでのお金のやり取り。

 

かなり21世紀的なサービスだと思っています。

 

 

ぼくもパトロン(ちょっと日本では悪い意味で使われがち)に

なって、毎月500円で兄を応援しているのですが、

 

応援していると、

「活動報告」として、いろいろな活動を報告してくれます。

 

ぼくらはそれを見て、

「頑張ってるなー!」

と逆に励まされる。

 

 

まだまだこれから伸びてくるであろうサービスで、

まだ若干参加は少なめ。

 

でも本人前向き。さすが兄。

これからも活動を支えていきたいと思います。

 

 

ぜひそんな兄を応援してやってくださいm(_ _)m

camp-fire.jp

 

あ、普通に「ちょっと一緒に飲んでみたい」とかなら

かなり高頻度で会えるタイプの作家です。

 

ぼくにでもお声がけいただければ、

場所、セッティングします。

 

ぜひぜひ活動の応援、よろしくお願いします( ̄^ ̄)ゞ

 

 

それでは、スギヤマでした!

 

 

p.s.

 

弟のぼくも頑張ってます。

hatakekara.hatenablog.com

こちらも応援よろしくおねがいします!笑

 

 

p.s.

あ、いつもこんなちゃらんぽらんな弟二人を支えてくれてる、長男。

いつもありがとうございますm(_ _)m

あなたがいてくれるので、ぼくらが好きなことできてますm(_ _)m。

これからもよろしくです。

 

スギヤマでした。