読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうです、私がスギヤマです。

農的暮らしを追っかけてます。農業日誌やら、地域イベントやらを紹介、たまに自己啓発しだします。

「座間味島の魅力」

「旅」


みなさん、こんにちは。

スギヤマです。



今日は阿嘉島(あかじま)の魅力に引き続き、

座間味(ざまみ)島の魅力について書いていきます。

※参考前記事

(阿嘉島の魅力)



阿嘉島を出発し、

お昼に座間味島に到着。



阿嘉島から数十分、200円で行けちゃいます。



座間味島阿嘉島よりも

面積が大きく、人も多いです。



やっぱり外国人観光客は多め。



まずは今日泊まる宿にチェックイン。

「南星荘」というところ。


とても気持ちの良いスタッフさんで、

爽やかな対応をしてくださいました。



そこから島の全体像を見たいなぁと思い、

スクーターを借りに行きました。



いろいろな人の話を聞きましたが、

やっぱり徒歩や自転車だけでは辛いみたい。

3時間で2500円。


ビーチや灯台もたくさんあり、

かなり見応のある島でした。



座間味島で一番有名なビーチは

「古座間味ビーチ」



行ってみると、

評判通りのとても気持ちいいビーチでした。



白い砂浜、青い海。



しかもオフシーズということもあって、

全然人がおらず。



ここでも泡盛を飲みながら、

ゆっくり音楽聞いてまったり。



とても良い時間でした。




今回の旅のテーマはズバリ

「ゆっくりすること」



まさにその願いが叶った瞬間でした。



夜ご飯は

「島カフェ かふーし堂」

というところでタコライスをいただきました。



ここのお父さんがまた良い方で、

いろいろお話をしてくださいました。



来ていたお客さんとも話をして、

「やっぱり座間味に来たからには海に潜らないと!」

ということに。



次の日は朝からウェットスーツと

シュノーケルセットを借りて海に潜ってみました。



言うだけのことはあって、本当に感動。

「嘘でしょ!」の連発でした。



色とりどりの魚達がすぐそこを泳いでいく。

青い海、ホントにテレビの世界。

これが500円のシュノーケルセットだけで

楽しめるんだから本当にすごい。




夜はやっぱりどこかで飲みたくなり、

うろうろ。



通りかかったなんだかステキな

バーで飲むことに。


「Bar IRIE」

普段はシュノーケルやシーカヤックなどの

ツアーをしているところみたいです。

ターンテーブルと優しそうなお兄さんに惹かれ

店内に。



フードは無いようですが、

お酒はしっかりそろっています。

お約束の

オリオンビールとと泡盛を。



レゲエが好きなお兄さんみたいで、

たくさんレゲエについて教えてもらいました。



年代別にオススメを聞きながら、

気持よく酔っ払う。



これまたステキな時間でした。



座間味の魅力は、

やっぱり海。きれいな海。

あとはたくさんの灯台があって、

気持ちの良い景色がたくさん楽しめます。

ぜひバイクなどで島内をめぐってみてください。

また、戦時中は集団自決などもあった

悲しい過去も。



そういった歴史込みで考えると、

すごく平和な島だと感じます。



キレイな海を体感したい方、

のんびり島時間を過ごしたい方、

ステキなバーで飲みたい方には

本当にオススメな島です。



沖縄に行って、

「特にやることがない」

なんて珍しい人はぜひ行ってみてください。



スギヤマナオキでした。



p.s.


【泊まった宿】

南星荘

http://www.z-nansei.com/


【夜ご飯食べた】

島カフェ かふーし堂

http://www.vill.zamami.okinawa.jp/guidemap/detail/217/